ascii.fm

イベント・講演・ポッドキャスト・テレビ・ラジオの文字起こしメディア

"「ミニストップのソフトクリームはうまいから、男でも食べていい」みたいな風潮を、男が協力して作った" 人間病院「ソフトクリーム頼めない病」

nandeanotoki.com

「人間病院」は人の気になるところ 鬱陶しい部分、実はあれは病原菌が原因なんじゃないかということで、医学的観点から考察し、将来的には本物のお医者さんに研究してもらおうという野望を持った番組です。

今回は「ソフトクリーム頼めない病」です。

パーソナリティ

ルサンチマン
上田 雅仁

放送:2010.12.13

「ソフトクリーム頼めない病」にミニストップのソフトクリームは入ってない

武:脱男らしさを唱えていく上で、代表格でいわせてもらいますけど、「ソフトクリーム頼めない病」というのがあるんですよね。

上田:あ~、僕はどっちかというと、克服してる方ですけど。ソフトクリームが…

武:一人でですか?

上田:僕多分ね、人一倍好きなんで。

武:あ~「ソフトクリーム頼めない病」の、ミニストップのソフトクリームは入ってないですよ。

上田:え?

武:ミニストップのソフトクリームは、ちょっと頼んでいいかみたいなのが。あれも男の苦肉の策だと思うんですけど。「ミニストップのソフトクリームはうまいから、男でも食べていい」みたいな風潮を、男が協力して作ったんですよ、あれ。

愛知牧場のソフトクリームもOK

上田:それと似たようなのが、愛知牧場のソフトクリームですね。

武:愛知牧場のソフトクリーム、ちなみに愛知県にある牧場なんですけど、そのまま。愛知県にある牧場のソフトクリームだったら食べていいとか、田中義武のだったらいいとか。

上田:(笑)

武:あくまでも条件がないと、ソフトクリームは食べれないみたいなところ。あくまでも前置きが必要になっちゃうんですよね。単純にソフトクリームを食べれる社会というのは、全くといってできてないですから。そこには男らしさのパワーが働いているわけですよ。

上田:うんうんうん。痛いとこ突きますね。うんうんうん。

武:はいはい。そういった意味で全くこの社会は、ソフトクリームはまだ頼めないと。そういった傾向になっているわけなんですが。

上田:う~ん。頼むとしても勇気がちょっといりますね。

武:だから、この時点ですでにもう男らしさがしょうもないですものね。クーポン券とかソフトクリームとかね。

上田:あ~そうですね。男らしさがあるばかりに。

武:ばかりにね。その男らしさをアピールしている人を見てね、男らしいと思われてるのかなというところもありますしね。

上田:あ~あ~あ~あ~。

武:けど、どうだろうなあ。俺、何だかんだいって、男らしい男の人の方が受けがいいですからね、やっぱり。

草食系男子の方はクーポン券とかソフトクリームは多分いける

上田:でもなあ~。

武:草食系男子っちゅうあのブーム、嘘らしいですよ。

上田:だって、草食系男子っていわれる子たち、いっぱいいますよね。

武:最近ね、はいはいはい。

上田:でも何だかんだ、いざという時、男らしさ出しますからね。

武:草食系男子でも。

上田:うん、そういう時の男らしさはカッコ悪いですけど。

武:あ、なるほど。

武:草食系男子の方は、クーポン券とかソフトクリームは、多分いけるんでしょうね、多分。克服してるんでしょうね。

上田:逆に頼むことによって、男らしさをアピールというのもありますね。

武:なるほど。逆にね。「バカバカしいじゃねえか、ソフトクリーム、平気じゃん別に」みたいなね。

上田:オープンカフェとかも、男二人で行っちゃうとかね。

武:それ、男らしさに逆になりますかね?

上田:逆に、もう行っちゃうみたいな。

武:潔いみたいな感じでね。

上田:外のテラスで飲んじゃうという。

武:飲んじゃうという。そういう方法があるのか分からないですけど。基本的に草食系男子という傾向になっているのかは知らないですけれど、イマイチ僕はこの男らしさというのが、非常に僕、楽しく生きていく上においてですね、邪魔なので。

上田:確かに。

武:撤廃したいわけですよ、すごい。

上田:でも、僕も男らしさを邪魔に感じてるところあるんで、ま、賛成なんですけど。男らしさの良さという…

武:それは全く逆で考えると分かり易いと思うんすけど、女らしさの良さという話だと思います。

上田:あ、はいはいはいはい。

武:女らしさってあるじゃないですか。女らしさを求めるじゃないですか。けど、女の人は女らしさに、もううんざりしてるわけですよ。ハッキリ言ってね。

上田:はいはいはい。

武:けど女らしさの良さっていうのは、女の人も分かってるから、だから田島洋子ですら、何だかんだいって、女らしさ捨ててないわけですよ。

上田:女らしさをねえ。

武:だから、マンガの話になって悪いですけど、マミヤ(【北斗の拳キャラクター紹介】 マミヤ )ですら女らしさというのは捨てれなかったわけですよね。

上田:そうですね、レイにビリビリに服破られてね。

武:女を捨てたのになぜ隠すって。

上田:胸を隠しましたからね。

武:ハッキリ言って、そんなビリビリにされたら男でも隠しますけどね。急に服ビリビリにされたらね。ワッって隠しちゃいますけどね。レイの理屈があってるかは分からないですけれど。だから僕はそういう意味で、本当の男らしさ、女らしさというのは、据え置きになるであろうという考えの下、

上田:据え置き?

武:据え置き。

上田:据え置き?

武:据え置き、すみません。据え置きがよく分かんないですよね。だからこの世の中にある男らしさ、女らしさというのを、撤廃活動を田島洋子先生と一緒に始めて、その時こそ、本当の女らしさ男らしさというものが残るんではないだろうかと。だからこの「クーポン券使えない病」「ソフトクリーム頼めない病」「チョコバナナクレープ頼めない病」とかいろいろありますけれど、その次にある「友達の前ではオヤジって呼んじゃう病」とかね。

上田:(笑)

武:こういった病気を無くしていくことが、非常にこれからの日本、社会に適してるんではないかなと思ってるんですけれど。

「友達の前ではオヤジって呼んじゃう病」の回に続く